_
日商簿記検定3級

日商簿記の検定は4級から1級まである



日商簿記の検定は初歩的な4級からハイレベルな1級まであり、難易度が異なります。


4級は簿記のもっとも基本的なことが基準となっており、仕訳ができ、小売店の経理に役立つ知識を得ることができます。


4級は簿記の基本中の基本といえる内容となっていることから、4級の簿記検定を受けることなく、3級からチャレンジする人が多いことが特徴であり、3級から受験する方法が一般的です。


3級は2級よりも難しい勘定科目が加わり、中小企業や商店の経理を担当する人に適した内容となっています。


4級以上に詳しい知識が必要となり、経営状況を把握できる理解力もつきます。


2級は自社の経営状況だけではなく、他社の経営状況も把握することができるだけの力がつく内容となっており、商業簿記に加えて工業簿記が入ってくることが大きな特徴です。


3級と比べはるかに高いレベルとなる簿記検定で、2級を取得していると、大学の推薦入試や就職の際に有利になります。


企業の経営に関しては株式会社の管理ができるだけの力がつきます。


1級は簿記検定の中でもっとも難しい内容で、大卒者でも合格することが難しいとされています。


商業簿記、工業簿記に加えて会計学を学ぶ必要があります。
いずれも大学で学ぶレベルが要求されるものです。


1級を取得することで、公認会計士や税理士の受験資格が与えられます。

>> TopPage

日商簿記検定3級 目次

学校・テキストの口コミ評判

Yahoo!ブックマークに登録