_
日商簿記検定3級

日商簿記の資格と転職



日商簿記の資格で転職に有利になる仕事は経理事務です。


経理事務の求人には最低でも3級を取得していることが条件とされ、
難しい経理事務の仕事になると2級以上の取得が条件とされています。


1級は資格試験の受験資格にされているほど難易度が高いことから、
実務において1級の取得までは求められていない場合もあり、
逆に簡単すぎる経理事務の求人においては敬遠される恐れもあります。


ですが、もっとも難しい日商簿記の1級を取得していれば、
転職をする際に応募できる仕事に幅を出すことができ、
違う業種で活躍することも可能となります。


実際に販売業から経理事務に転職した人がいます。


特別資格試験の受験を目指しているのではない限り、2級の資格があれば、
十分転職や再就職には有利になるという意見が圧倒的多数を占めています。


簿記の資格で転職を希望するなら、その企業で求めている経理事務のレベルが
どのようなものかを確認しましょう。


簿記の資格に対する評価が低く、
実務経験を重視する企業もありますから、この点注意が必要です。

>> TopPage

日商簿記検定3級 目次

学校・テキストの口コミ評判

Yahoo!ブックマークに登録