_
日商簿記検定3級

経理事務に必ず簿記の資格が必要?



会社の規模や経理の方法によって、
求められる簿記の知識が大きく変わってきます。


今はひとつひとつ帳簿に手書きをして
経理事務をする時代ではなく、
ほとんどすべての企業ではソフトを使って
簡単に計算することができる仕組みとなっています。


仕訳ができないと経理事務はできませんが、
その勘定科目は企業によって違いますから、
やはりその会社に合わせて覚えていく必要があります。


こうして考えると簿記の資格だけでも、
実務経験があってもいずれの場合も
実務にはさほど影響を与えないように見えます。


企業の経理事務そのものに違いがありますから、
いずれが有利となるかはやはり企業によって異なります。


ですが、経理事務の募集の多くは
「簿記検定2級以上の資格取得者」が条件とされていますから、
簿記検定を持っていないと応募することができないと
考えておいたほうがいいでしょう。


そして実務経験者が優遇されてしまうというのも現実に多く見られますから、
未経験者が応募するときにはハードルが高くなってしまいます。


「3級なら持っている」という場合でも、
2級が条件となっている求人に応募してみる価値があります。


求められている経理の知識がそれほど高くないときなら、
面接で採用される可能性も残っていますから、
あきらめずに確認するようおすすめします。

>> TopPage

日商簿記検定3級 目次

学校・テキストの口コミ評判

Yahoo!ブックマークに登録