_
日商簿記検定3級

日商簿記3級の勉強法



日商簿記3級は簿記を初めて学習する人が挑戦するためには最適です。


3級の内容をしっかり理解することができないと、
2級、1級とステップアップすることができませんから、
3級をどれだけ理解することができるのかが重要です。


簿記検定は4級からありますが、
受験するなら3級からという人が多く、一般的な方法です。


4級も3級もどちらも商業簿記を対象としていますが、
商工会によっては4級の検定を実施していないところもありますから、
各商工会議所で確認してみましょう。


計算にそれほど苦手意識がない人なら、
3級は独学でも理解できるとされています。


ですが、学習の途中から勘定科目が増えるとともに、
計算が複雑になってくることと、
わからないところがあったときに独学では
質問する人がいないというデメリットがありますから、
質問できる人が周囲にいる場合なら、独学で合格を狙ってみるのもいいでしょう。


自信がない人や基礎をしっかり固めておきたいと考えている人なら、
通信教育という方法もあります。


3級は簿記検定の中でもそれほど高いレベルではありませんから、
独学か通信教育が妥当ではないでしょうか。

>> TopPage

日商簿記検定3級 目次

学校・テキストの口コミ評判

Yahoo!ブックマークに登録