_
日商簿記検定3級

日商簿記3級の合格率



日商簿記3級の合格率は簿記検定の中でも高いものとなっていますが、
同じ年度でも受験する回が異なれば合格率が異なり、
20パーセントというときもあれば50パーセントを超えるときもありました。


問題の難易度に違いがあるということを、その年の合格率を見ればわかりますから、
自分の実力がどの程度なのか知るためにも過去問を問いておくようにしましょう。


平均すると合格率は約40パーセントですが、年々難しくなっているといわれています。


簡単と思われている簿記検定3級ですが、
確実に点数を取ることができないと、不合格になってしまいます。


難易度の高い問題が出題されても解けるだけの実力をつけておく必要があります。


日商簿記3級は誰かが合格したら自分が不合格になるという相対評価ではありません。


他人の評価を気にしていてもあまり意味がありません。
1度の受験で3級に合格できるようにしましょう。

>> TopPage

日商簿記検定3級 目次

学校・テキストの口コミ評判

Yahoo!ブックマークに登録